社員にも個性がある?個性の伸ばし方と叱り方

社員教育で重要な個性!

社員を育成しようと思った時に、闇雲に叱る上司っていますよね。そういった上司は、部下に嫌われがちであり、あまり慕われません。部下にもそれぞれの個性があるため、その個性を生かすように社員教育という物はしなければなりません。
例えば、会社がチームワークを重要視している会社であり、チームの輪を乱すようであれば、当然その部下は叱らなければなりません。しかし、ここで単にチームワークを乱していることを叱るだけではなく、今後どういう対応をすれば良いかということを相談した上で、しかることが必要な訳です。個性を引き出しつつしかるということは中々難しいですが、実践しようという姿勢さえあれば、誰でも簡単に出来ることです。

個性を重視するあまり失敗することもある!

社員にはそれぞれの個性があるため、それを尊重しなければなりません。しかし、その個性を尊重しすぎてしまうと、社員間で反発が起きてしまいます。それが、部下の場合ですと、上司が叱られることになります。そういう状況を作らないためにも、個性を尊重しすぎるのもよくありません。
どうすれば良いかというと、自分の中でラインを引くことが重要です。部下を試してみるということです。叱る時に、ここまでなら叱っても良いというラインを見つけ、その温度差で接していくということです。打たれ弱い部下に、闇雲に叱ってしまうと萎縮してしまいます。ですので、個性を生かして部下が叱って伸びるようであれば、叱り続けるということも必要という訳です。

新人研修で同期のライバルに差をつけるには挨拶と時間厳守を徹底することです。この2つができない社会人はたくさんいるので、あなたができればそれだけでライバルに差をつけることができます。

© Copyright Employee Learning. All Rights Reserved.