社員にこれだけは言ってはいけない10の言葉

上司が避けるべき言葉1から5

上司は部下を管理するとともにやる気を出させなければなりません。ですが、何気ないその一言が部下のやる気をそいでいる可能性もあります。では、どのような言葉を使ってはいけないでしょうか。
まずは、「運がいいだけだね」です。しっかり部下の実力を認めてあげましょう。次に、「やる気あるの?」です。仕事でミスをした時に言いたいことは分かりますが、それを言ったところで、やる気が出るわけではありません。そして部下も答えに窮します。やる気がありませんと答えるのは素直すぎますし、やる気がありますと答えたところで何も変わりません。3つ目は「さっき教えたばかりじゃん」です。これは部下が教えた矢先にミスをするパターンです。世の中、一度で習得できる人ばかりではありません。それ以外でも、「どうせ」「やっぱり」は避けましょう。

上司が避けるべき言葉6から10

次にもう5個見ていきます。6個目は、「所詮」です。「所詮その程度の契約数で」などどいうと部下の今までの努力を全く認めていないことになります。7番目と8番目は「わざわざ報告しなくていい」と「許可なく行動するな」です。前者は必要ない物を報告してくる部下に言うことが多いですが、後者は必要な報告をしない部下に言い放つ言葉です。どちらも基準が曖昧で部下が迷ってしまします。9番目は「これやっといて」です。あまりにも投げやりなやり方で、上から目線です。上司と部下の関係はあっても目線は対等であることが重要です。10番目は「なんでオレにやらせるんだ」です。身勝手な上司の言葉にも聞こえてしまいます。
逆に言えばこれらを言わないようにすればやる気がアップするかもしれません。

© Copyright Employee Learning. All Rights Reserved.